Internet Explorerのソース表示で、「メモ帳」以外の エディタを使いたい場合、レジストリエディタや「窓の手」などを 使ってレジストリを書き換えるだけで、できる場合もありますが、 エディタによっては、この方法では、動作しない こともあります。(IE6では、動作する ようです。)
  「メモ帳トラッパー」などを使う方法もありますが、 その場合、他のソフトから「メモ帳」を起動していると、それも 変更したエディタになってしまいます。

 ということで、 相当、強引なやり方ですが、次のような方法を考えてみました。 (下の、例では、"K2Editor"というのを使って います。)
 ここで何がやりたいかというと、パラメータ全体を " で囲って、 K2Editerに渡したいわけです。

 以下のような手順が必要です。
  1. スクリプトファイルを準備する。
  2. レジストリを書き換える。

1.について

 例えば、"C:\Script"内に、 次のような、"IeSou.vbs"を準備します。

***** IeSou.vbs *****

'//////////////////////////////////////////////////////////
'//
'//     K2EditorでIEからソースを表示するためのスクリプト
'//     (かなり、強引なやり方ですが・・・)
'//         K2Editorがすでに起動していると、なぜか、WSHの
'//         強制終了メッセージが出る。ソース表示は行われます。
Option Explicit

Dim args
Dim myStr
Dim myItem
Dim objWshShell

'コマンドライン引数を参照
Set args = Wscript.Arguments

'コマンドラインから文字列を作成
myStr = ""
For Each myItem in args
    myStr = myStr + myItem + " "
Next

'末尾のスペースを取る
myStr = RTrim(myStr)

'WshShellオブジェクトを生成
Set objWshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
'K2Editer起動
objWshShell.Run "C:\PROGRA~1\K2E\K2EDITOR.EXE " & """" &_
    myStr & """"


2.について (くれぐれも、自己責任で)

 書き換える場所は、 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer \View Source Editor\Editor Name」のはずです。

 ここが、この例の場合は、「"C:\Script\IeSou.vbs"」 になります。

 ただし、レジストリの編集は危険 なので、 「窓の手」などのツールを使うことをお勧めします。
 「窓の手」の場合、「ie(1)」の「ソースを表示するエディタ」欄  C:\Script\IeSou.vbs と、 入れます。


 (HTA版ActiveBasic版では、 そのような不具合はありません。)


戻る