下のスクリプト例は、クリップボード内のテキストデータをエディタで 編集します。
 エディタの検索、置換、整形などの 機能を使ってクリップボードを編集できます。
 尚、コンポーネント (AutoItX) が必要です。
 また、下の例では、エディタとして、“K2Editor”というのを 使っています。

< VBScript >

'//////////////////////////////////////////////////////////
'//
'//     クリップボード内のテキストデータをエディタで
'//         編集する
Option Explicit
Dim objFS, objFile, objAutoIt, objWshShell
Dim fileTemp

'//一時ファイルを"C:\Script\temp"内に作る
'//     テンポラリ用フォルダがあるか? なければ作る
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
If objFS.FolderExists("C:\Script\temp") = False Then
    objFS.CreateFolder("C:\Script\temp")
End If
'//     テンポラリファイルを作成
fileTemp = objFS.GetTempName
Set objFile = objFS.CreateTextFile("C:\Script\temp\" & fileTemp)

'//テンポラリファイルにクリップボードのデータを書き込む
Set objAutoIt = CreateObject("AutoItX.Control")
objFile.Write objAutoIt.ClipGet()
objFile.Close

'//テンポラリファイルをK2Editorで開く
Set objWshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
objWshShell.Run "C:\PROGRA~1\K2E\K2EDITOR.EXE C:\Script\temp\" &_
    fileTemp & " /f",0,1

'//ファイル全体の文字列を読み込む
Set objFile = objFS.OpenTextFile("C:\Script\temp\" & fileTemp)
objAutoIt.ClipPut objFile.ReadAll
objFile.Close

'//     テンポラリファイルを削除する
objFS.DeleteFile "C:\Script\temp\" & fileTemp



戻る