普通、テキスト形式のファイルの中身全体をコピーするときは、 エディタなどで開いておいて、「全て選択」→「コピー」 とやると思いますが、どうせ全部をコピーするとわかっているなら 開かずにコピーできた方が便利なのでは ないでしょうか。
 そこで、次のようなスクリプトを作ってみました。ただし、 コンポーネント (AutoItX) が必要です。(インストール方法とかについては、 「8.3形式のパス名をクリップボードにコピーする」 を見て下さい。)

 これは、指定されたテキスト形式のファイル全文を 読み込んで、クリップボードにコピーします

 コードは、以下の通りです。

***** AllClp.vbs *****

'//////////////////////////////////////////////////////////
'//
'//     ファイル全体を読み込んでクリップボードに送る
'//                                             by Shimizu

Dim args
Dim res
Dim objFS, objText
Dim myText

'コマンドラインを参照
Set args = Wscript.Arguments
'// ファイルが渡されていなければ終了
If args.Count = 0 Then
    res = MsgBox(_
        "ファイルが指定されていません",48)
        WScript.Quit
End If

'FileSystemObjectを生成
Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

'// 指定された名前のファイルが無ければ終了
If objFS.FileExists(args.Item(0)) = False then
    res2 = MsgBox("該当するファイルが有りません",48)
    WScript.Quit
End If

'TextSteamObjectを使う
Set objText = objFS.OpenTextFile(args.Item(0))

'// ファイル全体の文字列を読み込む
myText = objText.ReadAll

'// AutoItXオブジェクトを使って文字列をを
'クリップボードにコピー
Set obAutoIt = CreateObject("AutoItX.Control")
obAutoIt.ClipPut myText

'// 結果を表示
kekka = MsgBox("""" & args.Item(0) & """全体を" & vbCR &_
    "クリップボードにコピーしました。",64,_
    "ファイル全体をコピー")


 今回も“Pyxis”でのランチャー設定を説明しておきますが、 エクスプローラのドラッグ&ドロップとかも使えます。

(下の例では、"AllClp.vbs"は、"C:\Script"内にあります。)



 Pyxis(シェアウェア)の入手先は、 ベクター内または、 〜Tom〜さんのページにて



戻る