モデムならNTT

Microsoft Common Dialog Control

 素の状態でもこれがあるのか、何かを入れたからこれがあるのかは、よくわ からない。
 一応、ダイアログ・ボックスも出るし、値の取得もできるけれど、取得した カラー値を演算の中で使うと、「VBScript でサポートされていないオートメ ーションを・・・」といったエラーメッセージが出ることから、本当は、 VBScript では、使えないのかも・・・?

 Set 変数 = CreateObject("MSComDlg.CommonDialog")

プロパティ
Action 表示するダイアログ・ボックスのタイプを設定する
CancelError ユーザが「キャンセル」を押したときにエラーを発生させるかどうかを指示する
Color 選択されたカラー値を取得/設定する
Copies
DefaultExt デフォルトのファイル名取得/設定する
DialogTitle ダイアログボックスのタイトルを設定する
FileName 選択されたファイルのパスとファイル名を取得/設定する
FileTitle ファイルのファイル名(パスを除いたもの)取得/設定する
Filter 「ファイルの種類」リストボックスのフィルターを取得/設定する
FilterIndex 「ファイルを開く/保存」ダイアログのデフォルト・フィルタを取得/設定する
Flags ダイアログ・ボックスのオプションを設定する
FontBold 太字かどうかを取得/設定する
FontItalic 斜体かどうかを取得/設定する
FontName フォント名を指定する
FontSize フォントサイズを指定する
FontStrikeThru 取得/設定する
FontUnderLine フォントがアンダーライン付きかどうかを取得/設定する
FromPage 印刷する最初のページを取得/設定する
hDC
HelpCommand
HelpContext
HelpFile ヘルプ・ファイルを取得/設定する
HelpKey
InitDir 最初のディレクトリを取得/設定する
Max 最大フォントサイズを取得/設定する
MaxFileSize ファイル名の最大サイズを取得/設定する
Min 最小フォントサイズを取得/設定する
Orientation 印刷用紙の方向を取得/設定する
PrinterDefault 印刷ダイアログでユーザーが選択したプリンタを、デフォルト・プリンタに決定する
ToPage 印刷する最初のページを取得/設定する


メソッド
ShowColor カラー・ダイアログを表示する
ShowFont 「フォント指定」ダイアログを表示する
ShowHelp ヘルプを表示する
ShowOpen 「ファイルを開く」ダイアログを表示する
ShowPrinter印刷ダイアログを表示する
ShowSave 「ファイルを保存」ダイアログを表示する



オブジェクト探検隊