“Pyxis”で、WAVEファイルを「ダブルクリック」または、[Enter]をすると、 「サウンドレコーダ」が起動されますが、再生ボタンを押さないといけない し、再生が終了しても「サウンドレコーダ」自体は終了しないので、 次々と鳴らしていくと、どんどんと「サウンドレコーダ」が開いていって しまいます。

Windowsの関連づけでは、"/play /close"という起動オプションが 付いているので、“Pyxis”の設定でもそのようにした方がいいでしょう。 具体的には、下図のように、「拡張子対応設定」において、"/play /close" オプションを付けて「サウンドレコーダ」を起動し、それをWAVEファイルの ビューワに指定します。

これで、フォルダの中のWAVEファイルを次々と鳴らしていって、確認したい ときなどの操作がしやすくなります。
(注意)
「アプリケーションの起動/終了」とかにサウンドが設定されていると サウンドレコーダが起動/終了する度に音が鳴って、ややこしいくなります。






戻る