“Pyxis Ver6.3”以降では、ランチャーの 標準設定にコントロールパネルの各要素が登録されています。Ver6.2以前 からのバージョンアップなどによって、手動で登録する場合とかは、以下の 内容を参考にして下さい。


(旧題)コントロールパネルの中身を“Pyxis”から 直接開く方法

「フォルダオプション」−「ファイルの種類」を見ると、 「CPLファイル」の設定で、


と、なっています。「アクションを実行するアプリケーション」 の欄が、溢れていて見えませんが、ここは、
「C:\WINDOWS\rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL %1,%*」
です。

しかし、"control.exe (CPLファイル名)"でも、 CPLファイルを開くことができます。

と、いうことで、例えば、


のように、ランチャーに登録する事によって“Pyxis”から 「システム」のパネルを直接開くことができます。

その他のパネルのオプションについては、以下のようになるはず です。(「ファイル名」の項目を、オプションのところに入力します。)

名称ファイル名
ユーザー補助ACCESS.CPL
アプリケーションの追加と削除APPWIZ.CPL
画面DESK.CPL
インターネットオプションINETCPL.CPL
ユーザーINETCPL.CPL,ユーザー
地域INTL.CPL
ゲームオプションJOY.CPL
マウスMAIN.CPL
PCカードMAIN.CPL,PC カード (PCMCIA)
キーボードMAIN.CPL,キーボード
マルチメディアMMSYS.CPL
サウンドMMSYS.CPL,サウンド
モデムMODEM.CPL
ネットワークNETCPL.CPL
ODBCデータソースODBCCP32.CPL
パスワードPASSWORD.CPL
電源の管理POWERCFG.CPL
RealPlayerprefscpl.cpl
システムSYSDM.CPL
テレフォニーTELEPHON.CPL
デスクトップテーマTHEMES.CPL
日付と時刻TIMEDATE.CPL
自動アップデートWUAUCPL.CPL

(「PCカード」については、スペースに注意)


戻る