今までのことで、私のへんてこスクリプト (スクリプトで遊ぶ)程度のものはだいたい理解できるでしょう。本来、 「演算子」とか「定数」、「キーワード」とかについても説明しないといけな いのでしょうが、その辺のことは、マニュアルや exealさんのサイトなどを見てください。
 ということで、WshShell オブジェクトにいきましょう。

WshShell オブジェクト

 WshShell オブジェクトを作成すると、ローカルでのプログラム実行、レジ ストリ内容の操作、ショートカットの作成、システムの環境の取得などを行う ことができます。プログラム識別子は、WScript.Shell です。

プロパティ
CurrentDirectory現在アクティブになっているディレクトリを取得または変更する
Environment WshEnvironment オブジェクト (環境変数のコレクション) を返す
SpecialFolders SpecialFolders オブジェクト (特定フォルダのコレクション) を返す

メソッド
AppActivate アプリケーション ウィンドウをアクティブにする
CreateShortcut ショートカットまたは URL ショートカットへのオブジェクト参照を作成する
ExpandEnvironmentStrings環境変数を展開した値を返す
LogEvent イベント エントリをログ ファイルに追加する
Popup ポップアップ メッセージ ボックスにテキストを表示する
RegDelete レジストリから指定されたキーまたは値を削除する
RegRead レジストリ内のキー名または値名の値を返す
RegWrite レジストリへ新しいキーの作成、新しい値名の既存キーへの追加 (および値の設定)、既存の値名の値変更などを行う
Run コマンドを実行する
SendKeys 1 つ以上のキー ストロークをアクティブなウィンドウに送る
Exec アプリケーションを実行する


  

「WSH入門」のインデックスへ