総合【146x800】

WScript オブジェクト

 WScript オブジェクトは、オブジェクトの生成や取得をしなくても WSH の中 でそのまま使えます。

プロパティ
Arguments 引数のコレクションを返す
FullName ホストの実行可能ファイル (CScript.exe または WScript.exe) への絶対パスを返す
Name WScript オブジェクトの名前を返す
Path ホスト実行可能ファイル (CScript.exe または WScript.exe) の格納先ディレクトリ名を返す
ScriptFullName実行中のスクリプトへの絶対パスを返す
ScriptName 実行中のスクリプトのファイル名を返す
StdErr 現在のスクリプトで使用する書き込み専用のエラー出力ストリームを公開する
StdIn 現在のスクリプトで使用する読み取り専用の入力ストリームを公開する
StdOut 現在のスクリプトで使用する書き込み専用の出力ストリームを公開する
Version Windows Script Host のバージョンを返す

メソッド
CreateObject COM オブジェクトを作成する
ConnectObject 所定のプリフィックスを持つ関数にオブジェクトのイベント ソースを接続する
DisconnectObjectオブジェクトのイベント ソースへの接続を解除する
Echo ダイアログ ボックスまたはコンソールに出力を送る
GetObject 指定された ProgID を持つ既存のオブジェクトを取得するか、ファイルを読み込んで新しいオブジェクトを作成する
Quit 指定されたエラー コードで実行を終了する
Sleep スクリプトのプロセスをミリ秒で指定された長さだけ非アクティブにした後、実行を再開する



  

「WSH入門」のインデックスへ