さて、ここでまた前に作った曜日を求めるプログラムを見て見ましょう。
 既に出てきたステートメントや関数をそれぞれの項目にリンクさせてみまし た。

日付を入力して曜日を求めるプログラム


'///////////////////////////////////////////////////////////
'//
'//      日付を入力して曜日を求める
'//
Option Explicit
Dim hizuke, youbi

Do
    '//日付を入力するためのインプットボックスを表示
    hizuke = InputBox("日にちを入力して曜日を調べます。" &_
        vbCR & vbCR &_
        "例)2000/01/01" & vbCR &_
        "    11-11" & vbCR &_
        "    h15-5-5","曜日を調べる")
        
    '//「キャンセル」または未入力で終了
    If hizuke = "" Then
        Exit Do
        
    '//日付だったらその曜日を表示
    ElseIf IsDate(hizuke) then
        youbi = Weekday(hizuke)
        MsgBox WeekdayName(youbi) & "です。",64
        
    '//日付でなかったら、注意を表示して、インプットボックスに戻る
    Else
        MsgBox "入力した値が不正です。",48
    End If
    
Loop


 次回からは、オブジェクトに入っていきます。オブジェクトを使うときは、

オブジェクト . プロパティ(属性)または、メソッド(方法)

と、記述します。
 ただし、 WScript オブジェクトを除いては、そのまま使えません。まず、 CreateObject 関数GetObject 関数CreateObject メソッド(WScript)GetObject メソッド(WScript) などを使って、オブジェクトを生成または、取得する必要があります。

 例えば、

Dim myObj
Set myObj = CreateObject("アプリケーション名.クラス名")

というように、オブジェクトを作ったとして、

myObj.プロパティまたはメソッド

として使います。



  

「WSH入門」のインデックスへ