VBScript には、以下のようなステートメントがあります。
ひとまず、ざっと眺めてみたりしましょう。

宣言

Dim 変数を宣言する
Const 定数を宣言する
Private プライベート変数を宣言する
Public パブリック変数を宣言する
Sub サブルーチンを定義する
Function 関数を定義する
Class クラスを定義する
Property Getクラスのプロパティ値を取得する
Property Letクラスのプロパティ値を設定する
Property Setクラスのオブジェクトへの参照を設定する
ReDim 動的配列変数を宣言する

制御構文

For...Next 指定された回数だけ処理を繰り返す
Do...Loop 条件によって処理を繰り返す
While...Wend 条件がTrue(真)である間、処理を繰り返す
For Each...Next 配列やコレクションの全ての要素に対して処理を繰り返す
Exit ループやプロシージャを抜け出す
If...Then...Else条件によって処理を分岐させる
Select Case 条件によって処理を分岐させる
Call Sub プロシージャおよび Function プロシージャに制御を渡す
With 1 つのオブジェクトに対して一連の処理を実行する

その他のステートメント

Erase 静的配列の要素を再初期化したり、動的配列に割り当てたメモリを解放する
Execute 文字列を式と評価して実行する
ExecuteGlobal グローバル名前空間で 1 つ以上のステートメントを実行する
On Error エラー処理を有効または無効にする
Option Explicitスクリプト内のすべての変数に対して、明示的な宣言を強制する
Randomize 乱数ジェネレータを初期化する
Rem コメントを記述する
Set オブジェクトへの参照を変数またはプロパティに代入する



  

「WSH入門」のインデックスへ