Endeavor Pro3100【468x60】

コンポーネント

 ここでいうコンポーネントとは、VBScript などの言語から操作することが できる、オートメーション・オブジェクトを指します。コンポーネントを使う ことによって、WSH 等の機能を拡張することができます。
 コンポーネントを VBScript などから利用するためには、プロパティやメソ ッドが外部に公開されている必要があります。


 例として、AutoItX の場合に付いて、コンポーネントの導入の仕方 を説明します。AutoItX を導入すると、ウィンドウ制御、INI ファイルの読み 書き、クリップボードの読み書き(テキスト)などの機能が拡張されます。
  1. AutoIt2 Home から AutoItX をダウンロードする

  2. 圧縮ファイルを解凍する

  3. "AutoItX.dll" をシステムフォルダ(Windows9x 系では "C:\WINDOWS\SYSTEM")にコピーする

  4. レジストリに登録する
    regsvr32 AutoItX.dll
    
    を実行します。
    (アンインストールする場合は、"regsvr32 /u AutoItX.dll" を実行します。)

◆その他のコンポーネント紹介◆

BASP21メール送受信 、HTMLによるファイルのアップロード、漢字変換など
Doodle2BMP・JPEG・GIF・PNGファイルの読み込み・書き込み(相互変換)など
Joe'SoftwareGUI フォームを追加するものとか、色々公開されていますが、やはり日本語が化けます。(T_T)
ScriptForm日本語の化けない GUI フォーム




「WSH入門」のインデックスへ