WshScriptExec オブジェクト

 (各プロパティ、メソッドの詳細に付いては、マイク ロソフトのマニュアルを参照してください。)

 Exec を使って実行したスクリプトのステータス情報を提供します。 また、StdIn、StdOut、および StdErr の各ストリームへのア クセスも提供します。
 WshScriptExec オブジェクトWshShell オブジェクトExec メソッド によって返されます。これは、スクリプトまたはプロ グラムの実行終了後または実行開始前のいずれかに行われます。

プロパティ
ExitCode Exec メソッド を使って実行されたスクリプトまたはプログラムにより設定された終了コードを返す
ProcessIDWshScriptExec オブジェクト によって起動されたプロセスのプロセス ID (PID)
Status Exec メソッド を使って実行したスクリプトのステータス情報を返す
StdOut Exec オブジェクト の書き込み専用の stdout 出力ストリームを公開します。
StdIn Exec オブジェクト の stdin 入力ストリームを公開する
StdErr Exec オブジェクト の stderr 出力ストリームへのアクセスを提供する

メソッド
TerminateExec メソッド によって開始されたプロセスを終了するようにスクリプト エンジンに指示する


◇関連◇
Exec メソッド(WshShell)


  

「WSH入門」のインデックスへ