リモート管理

 (各プロパティ、メソッドの詳細に付いては、マイク ロソフトのマニュアルを参照してください。)

WshController オブジェクト

 (リモート スクリプト プロセスを作成するために) CreateScript() メソッド へのアクセスを提供します。

メソッド
CreateScriptWshRemote オブジェクトを作成する


WshRemote オブジェクト

 リモート スクリプト プロセスへのアクセスを提供します。
 WshRemote オブジェクト を使用すると、ネットワーク上のコンピュ ータ システムをリモート管理できます。このオブジェクトは WSH スクリプト 、つまり .wsh、.wsf、.js、.vbs、.jse、.vbe のいずれかの拡張子を 持つスクリプト ファイルを表しています。実行するスクリプトのインスタン スは 1 つのプロセスになります。このプロセスは、ローカル コンピュータお よびリモート コンピュータのいずれでも実行できます。ネットワーク パスを 指定しないと、ローカルで実行されます。WSHRemote オブジェクト を 作成 (CreateScript メソッド 使用) すると、対応するスクリプトが 対象のコンピュータ システムにコピーされます。コピー先のシステムで、ス クリプトがすぐに実行されるわけではありません。 WSHRemote のメソッド である Execute が呼び出されてから、 スクリプト実行が開始されます。この WshRemote オブジェクト インタ ーフェイスを介して、ユーザー定義スクリプトからほかのプログラムやスクリ プトを操作できます。また、外部アプリケーションからリモート スクリプト を操作することも可能です。WshRemote オブジェクト は DCOM 経由で 非同期に動作します。

プロパティ
Statusリモート スクリプトの現在のステータスをレポートする
Error リモート スクリプトが途中で終了する原因となったエラーの情報を保持する WshRemoteError オブジェクトを返す

メソッド
Execute リモート スクリプト オブジェクトの実行を開始する
TerminateExecute メソッドによって開始されたリモート スクリプト プロセスを終了する

イベント
Startリモート スクリプトの実行が開始
End リモート スクリプトが完了
Errorリモート スクリプトにエラーが発生


WshRemoteError オブジェクト

 リモート スクリプト (WshRemote オブジェクト ) がスクリプト エ ラーが原因で終了したときのエラー情報へのアクセスを提供します。
 WshRemoteError オブジェクトWshRemote オブジェクトError プロパティ から返されます。

プロパティ
Descriptionリモート スクリプトが終了する原因となったエラーの簡単な説明を保有する
Line スクリプト内のエラーを含む行を識別する
Character エラーを含むコード行内の特定の文字をレポートする
SourceText エラーの原因となったソース コードの行を返す
Source スクリプト エラーの原因となった COM オブジェクトを識別する
Number 特定のスクリプト エラーを表すエラー番号をレポートする


  

「WSH入門」のインデックスへ