Err オブジェクト

 Err オブジェクトは、実行時エラーに関する情報を保有しています。
 Err オブジェクトは、グローバルな適用範囲 (スコープ)の組み込みオブジ ェクトなので、コード内でそのインスタンスを作成する必要はありません。 Err オブジェクトのプロパティは、エラーを発生させたプログラマによって設 定されます。
 実行時エラーが発生すると、そのエラーを識別するための情報など、エラー 処理で利用可能な情報が、Err オブジェクトに格納されます。コード内で実行 時エラーを生成するには、Raise メソッドを使います。
 Err オブジェクトの各プロパティは、 On Error Resume Next ステートメント の後、0 または長さ 0 の文字列 ("") にリセットされます。Clear メソッ ドを使うと、Err を明示的にリセットすることができます。

プロパティ
Descriptionエラーを説明する文字列を取得/設定する
HelpContextヘルプファイルのトピックを取得/設定する
HelpFile ヘルプファイルのパスを取得/設定する
Number エラー番号/エラー値を取得/設定する
Source エラーの発生元を参照/設定する

メソッド
Clearエラーオブジェクトの設定値をクリアする
Raise実行時エラーを生成する


◇関連◇
On Error ステートメント


  

「WSH入門」のインデックスへ