InternetExplorerのソース表示用エディタを変更する ための、HTA(例)です。 WSH版が上にありますが、そのHTA版 です。

 今回は、WSH版での二つの問題点
@パス名の中にスペースが二つ以上重なってあると、 正常に動作しなかった。
AすでにK2Editorが起動していると、WScriptを強制終了するという メッセージがでた。
も回避できました。



1.例えば、"C:\Script"内に、下のような、 "IeSou.hta"を記述します。
 この例の場合、表示用エディタとして“K2Editor” というのを使っています。


***** C:Script\IeSou.hta ***** <html> <head> <title>IEソース表示用エディタ変更</title> <hta:application ID="aHTA" WINDOWSTATE="minimize" /> </head><link rel="StyleSheet" href="../wsh/wsh.css"> <body> <script language="VBScript"> '////////////////////////////////////////////////////////// '// '// IEのソース表示用エディタをK2Editorに変えるための '// HTAファイル Dim myCmdLine Dim objWshShell '//渡されたコマンドライン引数全体を " で囲む myCmdLine = """" &_ LTrim(Replace(aHTA.commandLine,_ """C:\Script\IeSou.hta""","",1,1)) &_ """" '//WshShellオブジェクトを生成 Set objWshShell = CreateObject("WScript.Shell") '//K2Editerで起動 objWshShell.Run "C:\PROGRA~1\K2E\K2EDITOR.EXE " & myCmdLine &_ " /c.html" '//自分は閉じる Close() </script> </body> </html>
2.「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer \View Source Editor\Editor Name」の値を「C:\Script\IeSou.hta」に 設定する。
 ただし、WSH版のところでもいっているように、 レジストリの編集は危険ですので、「窓の手」などのツールを使うことを お勧めします。


 尚、ソース表示用エディタを変更するのに、 「ソフトウェアで遊ぶ」内で公開している、ActiveBasic使用版も あります。

(追記)
 IE6では、このようなことをしなくても、View Source Editor に、 使いたいエディタを指定するだけで、だいたい可能なようです。



戻る